ホーム » 伝票を使った経理のメリット

伝票を使った経理のメリット

経理を行うには、手書伝票を使う方法・手書きの出納帳を使う方法・会計ソフトを使う方法など様々な方法があります。どの方法にも様々なメリットがありますが、こちらでは伝票を使った経理のメリットをご紹介いたします。

しっかりとした経理の知識が身につく

紙伝票の利点

会計ソフトは非常に便利で、処理時間の短縮に繋がり経理には必要不可欠な物だといえます。しかし簡単に会計が行えてしまうので、しっかりとした経理の知識を持たない方なども使用が可能です。

資格を持っていても実務経験の浅い方が会計ソフトを使った場合、処理を間違えてトラブルに発展する可能性もあるでしょう。また、特定求職者雇用開発助成金を利用して起業する場合、経理業務の知識に自信があっても、パソコンが苦手な高齢者にはデメリットがあります。
伝票を使った経理なら、知識を身につけてからしか行えないので、色々な処理に対応することが可能になります。

作業を分担することができる

人が伝票処理する利点

取引の多い会社は、その分多くの伝票を処理しなければいけません。
伝票を使った方法なら、入金伝票を起票する担当、振替伝票を起票する担当というように、作成する伝票によって作業を分担して仕事を進めることができるので効率的です。

会計ソフトは、非常に便利で経理をする上で必要不可欠な物だといっても過言ではありません。しかし、堅実な経営をするのなら会計ソフトを使う方法と、伝票を使う方法を上手く組み合わせることが大切ではないでしょうか。

当社は、埼玉県にて伝票印刷を行っています。領収書などの手書伝票は、複写式はもちろん一部分だけが複写されない減感仕様にしたり、会社のロゴを入れたりすることが可能です。その他にも、ビジネスの場面での使用頻度が多い連続伝票の印刷も行っています。どちらの伝票も、現在使用している物をお借りして、版下データの制作・再現ができます。

埼玉県で、伝票印刷のご依頼を検討されている方は、サイト内にて見積りを出すことが可能です。
その他、伝票印刷に関してのご相談などがありましたらお気軽にご相談ください。