ホーム » チラシの効果を最大限にするためには?

チラシの効果を最大限にするためには?

チラシの効果を最大限にするためには?

新しい商品の販売やサービスを行う際には、様々な方法で販促活動を行うはずです。その中でもチラシは、一番身近な販促ツールではないでしょうか。こちらでは、チラシの効果を最大限にする方法についてご紹介いたします。

デザインのコンセプトが明確である

チラシは視覚で惹きつける必要があるので、ターゲットに見てもらうには魅力的なデザインでなければいけません。デザインを考える時点で方向性を定めていないと、本来の目的とは違うデザインのチラシに仕上がってしまうかもしれません。

また、チラシに載せたい情報をターゲットに分かりやすくするために、まとめることも難しくなるでしょう。
そのためチラシを作成する前に、しっかりとコンセプトを明確にすることが大切です。

訴求ポイントを考えたデザイン

訴求ポイントを考えたデザイン

商品によっては、メリットなどの情報を全面的にだす場合と、発売前のため情報を載せるのが難しかったりする場合があります。また商品ではなく、サービス提供を伝えるチラシなら、会社のイメージやサービスのイメージに合うデザインや画像を使うなどして、工夫することが大切です。

また、福袋といった商品の情報を載せられない場合は、商品の一部分だけチラシを使って公開することで、消費者の興味をひくことに繋がり大きな訴求ポイントとなるでしょう。

分かりやすい文章

情報を詰め込み過ぎて、チラシの文字が多くなってしまうと、消費者に情報を上手く伝えることができません。チラシの文章を分かりやすくするためには、可読性・判読性・視認性の3つの特性を考えて作成することがポイントです。可読性は内容の読みやすさ、判読性は誤読のしない内容、視認性は見やすさを意味します。チラシの効果をあげるためには、これら3つを考慮して作成することが大切です。

当社は埼玉県にて、チラシやカタログ商業印刷のご依頼を承っています。チラシやカタログはもちろん、商品パンフレットなどの冊子挨拶状名刺など様々な商業印刷が可能です。企画・デザインなども承りますので埼玉県で商業印刷の依頼をするなら、ぜひ当店をご利用ください。